大学生が見た農業の最前線

VOICEロゴ

  「VOICE」42号_目次 >8p

特集 「農業×就活」の情報源!各社の動きを知る!

<求人広告>
日本農業法人協会×マイナビ

公益社団法人日本農業法人協会では同協会に加盟する会員(約1,900社の農業法人)の求人サポートとして、2年前から大手就活サイト「マイナビ」と連携した求人広告サービスを始めました。今回は同協会の総務課 高須敦俊さん(写真)に事業を始めたきっかけや想いを伺いました。

農業を誰もが目指せる職業に!

―事業を始めた想いを教えてください。
 大きくは2つあり、1つ目は新卒者を幅広く採用したいということ。農業法人の規模が大きくなれば営業・経理・商品開発といった仕事も増えてくるので必要な人材の幅も広がります。2つ目は、まだどんな仕事に就こうか悩んでいる学生たちに、農業法人での働き方を知ってもらうこと。農業に興味のある方が見る専門サイトと違い、「マイナビ」だと多様な学生が見る可能性が高いですからね。

―事業の目標を教えてください。

 ズバリ、「農業が若者の将来就きたい職業の第1位になること」。農業が職業として認知され、なおかつ誰もが目指せる職業になってほしいし、農業法人はいい入り口だと思います。そのために、他産業と同じ土俵で選んでもらわなければならないと思っています。

―探し方の秘訣はありますか?

 農業への理想だけでなく、給与や社会保障といった待遇面も確認した方がいいですね。また、人材育成に力を入れているかも見た方がいい。農業法人は新卒採用の歴史が浅く、新卒採用から定年退職までのサイクルが1周もしていないので、皆さんがそのロールモデルになるとも言えるんです。農業法人は社長と近い会社が多いので、就職先を決める前にそういった点もしっかり話し合う方が良いと思います。

―学生に一言お願いします!

 専門知識は就職後でも身につきますが、やる気は最初から持ってないと続かない!

公式サイト

 公益社団法人 日本農業法人協会
⇒ http://hojin.or.jp/

*右サイトは2018年春卒業予定の方向けのため2018年3月末をもって終了しました。



※記載情報は取材当時のものです。
※無断転用・転載・改変を禁止します。引用の際は、当社までご連絡ください。


前のページ | 次のページ

広告


学生の皆様へ


配布先


発行元

↑ PAGE TOP